食に関する情報を中心に健康・ギャグ等様々なコーナーを設けました


by becomeprincess

カテゴリ:フレンチ( 25 )

orange


美人歯科女医のMちゃんがお誕生日祝いをしてくれました。
シャンパンで乾杯をし、お食事後、デザートをシャアしました。
f0090868_19432224.jpg

イチジクのキャラメリゼ バニラジェラート添え
f0090868_1943498.jpg

デザート盛り合わせ
まさか!?予期せぬバースデーコーラスと共にお店の方からサプライズ♪
f0090868_19463025.jpg

Mちゃんと記念撮影までして下さいました。

温かいおもてなしをして下さる素敵なお店でした。

そして、Mちゃんからプレゼントを頂きました。

f0090868_19482164.jpg

ハンドクリームとアロマミスト

ラベンダーの香りが好きな私に嬉しい商品です。
また、今年も目指せ手タレ☆!?
[PR]
by becomeprincess | 2009-10-11 23:47 | フレンチ

仲良し五人組「おかきまき」の「ま」がついに結婚。
f0090868_13482781.jpg

披露宴は、テレビドラマ「王様のレストラン」の舞台となった「マダムトキ」でした。
あっ晴れ!
f0090868_13484368.jpg

あの鐘を鳴らすのは「ま」さん
f0090868_13342633.jpg

コース料理より
フォアグラのポアレとイチヂクが前菜に供されました。

今日は新郎新婦の晴れ姿を見られただけでもとても感動なのに、大好物まであやかれました。

堪能していたところ・・・
司会者より突然スピーチをお願いされました。
無茶ぶりっ。。。
新婦は、「今日は何もしなくて良いから楽しんでいてね。」と言ってたのに。
サプライズでした。
さすが「ま」さん。
皆聞きモード。
一軒家レストランで式をあげるとアットホームにテーブルの輪が一つになります。

つぎは姫? マダムになるとき まだむりよ ~姫心の俳句より~ 
[PR]
by becomeprincess | 2009-09-06 13:43 | フレンチ

6月6日にオープンしたばかりのビストロです。
まだメディアへの露出が少なく、外苑西通り沿いですが地下にあるので、知る人ぞ知るお店。
※こちらのお店を、アクセス数の多い「厳選レストラン」の私のレストランレビューで紹介をさせていただこうと思っていたのですが、お店側のご意向として、シェフとマダム二人でおもてなしをしており、急激に予約至難になると、対応できなくなるかもしれないようですので、このマニアックなブログでの告知のみにさせていただきました040.gif

場所は、西麻布交差点から歩いて5分程。
店内は、カウンター席とテーブル席で15席のみ。
お料理は、プリフィックスで3種類。
3800円(3皿選べます 。)5200円(4皿選べます。)6800円(シェフのお任せ もしくは5皿選べます。)
ワインは、オーストラリア産のものが中心。
夜しかやってないのに、この界隈にしては良心的な価格帯で食べ手としては嬉しいですが、
ライフスタイル・プロデューサーとして知られるパトリス・ジュリアン氏のもとで経験を積んだ鶴岡シェフと
オーナーソムリエールの猪飼様のお二人だけでされて、さぞ苦労をされているのだろうと思います。

f0090868_12124560.jpg

アミューズ
甘みと酸味が程好いプラムが食欲をそそります。
f0090868_12263146.jpg

ニース風サラダ
ツナ缶ではなく、焼きマグロがのっています。
f0090868_12264631.jpg

鶴岡シェフの自家製フォカッチャ
ふかっふかのパンをオリーブオイルにつけて頂きました。
f0090868_1228832.jpg

本日のメイン(豚と仔羊の肉詰め)
二種類のお肉を使う事で、肉汁と旨みのバランスが良く仕上がっています。
f0090868_12294862.jpg

ヌガーグラッセ
冷やし固めたものがこんもり盛ってあります。
f0090868_13373946.jpg

フォンダンショコラ(友人のオーダーしたお皿を横から撮影。そして分け合う☆)
温かいフォンダンにナイフを入れるとチョコレートがとろ~りと流れピスタチオのアイスクリームの滑らかさと合います。

お祝い事があると自分の事のように一緒に祝福して下さる温もり溢れるお店です。

人と人、お料理とワインのマリアージュを愉しめる
密で良い出会いができました。051.gif

~店舗詳細~
店名:レ ランデヴー ド トキオ
tel & fax 03-5410-8110
106-0031 港区西麻布3-13-20 ヒデビル B1
西麻布交差点から 広尾に向かった一つ目の信号角エイブルの地下
定休日:日曜日、祝日
17時半オープン 23時お食事LO 
http://profile.ameba.jp/arabesquebis/
[PR]
by becomeprincess | 2009-07-31 12:47 | フレンチ

ルサンプル


父の日に両親にご馳走をしました。
f0090868_9234618.jpg

こんなムーディーなお店で、王のデザートにメッセージを書いてもらう演出でサプライズをしたら、
「男性だったらもてたのにね。」と二人に言われました。

親父ギャグは言いますけど、実際は、女性ですってば~。。。042.gif

関連URL:厳選レストラントップ > レストラン検索 > ル・サンプル (Le Sample) > フードアナリストレビュー一覧 > 心の籠もったアートの世界
[PR]
by becomeprincess | 2009-07-09 09:36 | フレンチ

オーグードゥジュール


麹町のフレンチレストラン「オーグードゥジュール」で、6月限定のスペシャルコースがあるようです。

グラスシャンパーニュが1杯付くとのこと。069.gif
再訪したいですね~。029.gif

060.gifシェフ中村保晴の6月スペシャルコース060.gif

(アミューズ)
魂のワンスプーン フォワグラ3種

(前菜)
貝類のマリネ キュウリのゼリーと共に

(メイン)
ブルターニュ産オマール海老丸々1尾 シェフのスタイルで

(デザート)
オレンジのスフレ

コーヒー又は紅茶


18,900円
(税込)

※グラスシャンパーニュ1杯付

http://www.augoutdujour-group.com/au/
[PR]
by becomeprincess | 2009-06-05 17:48 | フレンチ

先日、昔からお世話になっているオーグードゥジュールグループのオーナー岡部一己氏から「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」の総支配人やシェフの人事異動移動に伴うリニューアルオープンのレセプションパーティーにご招待をされ、カリスマフードアナリストの瀬川あずさちゃんを誘って行って参りました。

詳細は、以下のサイトに寄稿済みです。
厳選レストラントップ > フードアナリスト > フードアナリスト金 成姫さん > コラム一覧 > 「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」のレセプションパーティー
http://restaurant.nifty.com/cs/catalog/restaurant_column/catalog_090406047504_1.htm

有名なガイドブックで星を獲得しているお店ですし、いつもより大人びた装いを意識し、
慣れないコテで巻き髪にしたら、ただのふけた女性と化してしまいました。
相変わらず残念なキャラです。

あちらのレストランの皆様は、とても良い方ばかりです。
今もなお余韻に浸っている最中、こんなお礼状が届きました。
f0090868_17543737.jpg

直筆です。
電子メールだけでなく、紙媒体で、心と形に残る物まで贈るこのご配慮が素敵ですね。
あえてのポップデザインに私の好きなカラー。
きっと私に合わせてカードを選んだのでしょう。

お料理を味わうだけでなく、人に会いに再訪したくなるそんなお店です。
[PR]
by becomeprincess | 2009-04-07 18:07 | フレンチ

miniyon


並木橋の交差点付近に3週間にできたビストロに行ってきました。
1階はカウンターとスタンディングスペース、2階はソファーもあるテーブル席。
ダッチオーブンを使ったお料理がウリです。
その他、パテやトルティージャ等お酒とのマリアージュに適した物もありました。

ドリンクは、ボトルワインが2900円から赤・白あり、
シードルは、ボトルで1900円とお手頃。
夏になると窓を開けて開放的にしたいそうです。
灼熱の太陽を浴び、キンキンに冷えたシードルを飲めば気分はサマーバケーション!
まだ、雑誌等の取材を受け付けてないようですので、
シードル文化を作るのは、常連顧客のミニヨンセラー

http://www.miniyon.com/
[PR]
by becomeprincess | 2009-03-07 23:23 | フレンチ

BENOIT


12月4日からリニューアルオープンするBENOITに招待されて行って参りました。
詳細は、厳選レストランの私のコラムにて掲載されております。
http://restaurant.nifty.com/cs/catalog/restaurant_column/catalog_081202001768_1.htm

デュカス氏は、とても紳士的な方でした。
f0090868_2251930.jpg


今後も同グループ含め期待大です。
[PR]
by becomeprincess | 2008-12-02 22:52 | フレンチ

BEIGE TOKYO


Les Rendez-vous culinaires japonais “レ・ランデヴー・キュリネール・ジャポネ”
京都三大名店×ベージュ アラン・デュカス 東京
~日仏交流150周年を記念して~ 食の饗宴
今年は、日仏修好通商条約が結ばれて150周年。それを記念し、「ベージュ アラン・デュカス 東京」は6月18日より京都の老舗日本料理店3店との饗宴をスタートしました。「瓢亭」「美山荘」「京都吉兆」が創るフランス食材の料理と、「ベージュ アラン・デュカス 東京」のフランス人シェフ・ジェローム・ラクレソニエール氏による日本食材の料理の融合に挑戦します。
記者会見からイベントの参考URL:
http://restaurant.nifty.com/cs/catalog/restaurant_column/catalog_080605952360_1.htm

6月18日(水)第1回「瓢亭」高橋義弘氏の会に行って参りました。 
f0090868_1739421.jpg

瓢亭第14代目高橋英一氏は今回のメニューについて、「フランス料理はもともと好き。シャランの鴨肉や、フォアグラ、トリュフなど代表的な食材を用いる予定。いままでにフランス料理に触れてきたことを、この機会にさらに表現する場と捉えています。全体として、自然な流れを生み出したい。」と受け継がれてきた伝統にご自信のテイストを革新として主張されていました。

店内には京野菜がオブジェとして飾られこれから初まる夢の世界の幕開けを象徴していました。

今宵は和のお酒でマリアージュ

f0090868_17593836.jpg

ネーミング「菊姫」に親近感を得ました。
純米の清涼感がお料理を緩やかに支えていました。

f0090868_1739543.jpg

グージェール
胡麻塩と胡椒の効いたチーズのプチシューのようなもの。

f0090868_17403520.jpg

さよりの軽いマリネ さまざまな野菜 海草ジュレ

f0090868_1741466.jpg

胡麻と胡桃のパン

f0090868_174219.jpg

バター、海草(とさか)バター

f0090868_1743633.jpg

きす 黒オリーヴと木の芽 緑野菜 トマトシロップ

f0090868_11342393.jpg

瓢亭玉子 アキテーヌ産キャヴィア うなぎ白焼寿司 インゲン豆のアーモンド和え 鱧子の煮凝り 焼き芋のきんとん
特にとろりとした黄味の玉子が印象的。
この名物を東京で味わえるところも今回の企画の良さの一つです。

f0090868_17441754.jpg

加茂なすのいろいろ ピストゥー
茄子の田楽からバジルとミックスさせる発想が素晴らしかったです。
f0090868_17445959.jpg

生姜の香りが鼻にほのかに届き、喉には甲殻類のエキスと共に温かく通りました。
f0090868_17464452.jpg

ブルターニュ産オマール海老 ほうれん草 蓮芋 レンコンチップ オマール海老のブイヨン

f0090868_17454179.jpg

シャラン産鴨のロティ ジャガイモ 新タマネギ 紫蘇とさんざしのソース
酸味がある野菜やフルーツが厚切りの鴨を食す手助けとなりました。

f0090868_17473854.jpg

鴨ぞうすい ジロール ムースロン 三つ葉 柚子
比較的低コストなナメコを使っても十分味わえる物を高級な食材を使用している所に贅沢さを感じました。

f0090868_17525791.jpg

青梅のコンフィ ソーテル風味
お料理だけでなく、それを映えさせる器にも拍手したい一品でした。

f0090868_17531498.jpg

マダガスカル・ヴァニラのミルフィーユ
パイの形は、瓢亭のシンポル。
ゆらりと輪に寄り添った金粉が賞を獲得したような優越感を与えてくれました。

f0090868_17534162.jpg

よもぎの葛もち
メレンゲの上に乗った葛玉。安定感を保っているところに芸術性を感じました。

和の食材をジェローム・ラクレソニエール氏が、フランスの食材を高橋義弘氏がそれぞれの得意とする腕と創造性でお料理を供されそれが一つのコースで融合していました。

f0090868_17552245.jpg

火のないIHの厨房。出汁を生み出す事や絶妙な火加減を難しくさせます。
それが表に出す時には解消されている所も評価できます。

お土産に頂いたのは2品。

f0090868_181954.jpg

瓢亭「鶉せんべい 」

f0090868_18191520.jpg

今回特別に作られたマカロン「きなこ黒みつ」・「梅」・「豆乳黒まめ」。
3店の入魂の作です。

初日のエキサイティングな空間は、また今後の良い課題へと結びつける瓢箪から駒となりました。
経験とアイディアが光る饗宴の舞台で、私もナイフ・フォーク・お箸で静かに奏でて共演し、感性がより磨かれました。
[PR]
by becomeprincess | 2008-06-20 06:35 | フレンチ

有名な赤いガイドブックで三ツ星を獲得し、さらに予約が至難の技となるガストロノミー ジョエル・ロブションに行ってまいりました。
f0090868_1545457.jpg

姫、城の晩餐会に潜入!
http://www.robuchon.jp/ebisu/robuchon.html

f0090868_15474255.jpg

本日のメニュー
リボンをほどきこれから始まるお料理の数々が最高のプレゼントとなる

f0090868_15481183.jpg

本日の自家製パン

f0090868_15485060.jpg

ルビーグレープフルーツ カンパリの雪を積らせ、柑橘類の香りと共に

f0090868_15501596.jpg

ヴァンデ産鴨のフォアグラ ヴァンショー、フルーツ、ナッツと共にテリーヌにしセロリレムナードとアンディーブのサラダ添え

f0090868_15502583.jpg

天使の海老 甘酸っぱい聖護院蕪のラヴィオリ仕立てにし、ナツメグとローズマリーの香り

f0090868_15512762.jpg

オーガニックオーツ麦 軽やかなヴルーテにし、イベリコのチョリソーのロワイヤルと共に

f0090868_15523578.jpg

海の香るブイヨン タラバガニ、甘鯛、アオリイカに注ぎ、エストラゴンの香りで

f0090868_15555713.jpg

特選和牛フィレ肉 ポワレにし、ロブション風ポテトのピュレ こくのある赤ワインソースと一緒に

f0090868_1557542.jpg

ワゴンサービスのチーズ

f0090868_1615822.jpg

青ゆずのグラニテ カシャーサの香りを添えて、カイピリーニャ風に


f0090868_1558272.jpg

ピスタチオのパルフェグラス オレンジアイスと一緒に

f0090868_15595592.jpg

紅茶

f0090868_15585737.jpg

プティフール

f0090868_1605959.jpg

フランス語で感謝の意(メルシー)を表す飴

インテリアからすると古典的なお料理が出されるように見受けられるが、
出されたお料理の中には、和の食材を使っているものがあり
さりげなく日仏の友好関係の良さをお皿で伝えているようだ。

このように沢山のお皿が出されても盛り付けや味の変化で飽きる事がなく
雰囲気まで楽しみ目を奪われるポイントが多い。

リザーブしてくれた親友よ、メルシーボク♪
[PR]
by becomeprincess | 2008-01-05 23:54 | フレンチ